2019年4月13日 (土)

平成30年度第4回例会

<例会のご案内>

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、本年度第4回例会を下記要領にて開催いたします。

ふるってご参加くださいますようご案内申し上げます。

                        敬具

第4回例会

日時:2019年5月11日(土)15:00~

会場:日本大学文理学部3号館 3階3303教室

題目:「古代東アジアモード‐出土帯金具に見るファッションの流行とアレンジ‐」

報告者:山本 孝文(日本大学教授)

司 会:浜田 晋介(日本大学教授)

以上

2019年2月 5日 (火)

日本大学史学会共催シンポジウム

 日本大学文理学部人文科学研究所総合研究(研究課題名「20世紀の世界諸地域における「教化」と「反発・逸脱」をめぐる多角的視点からの研究」:研究代表者 古川隆久)が主催し、本会と高大連携歴史教育研究会との共催で、シンポジウムを開催します。

「歴史教育の未来を拓くⅣ-教科書・授業・入試が携えてすすむ改革-」

日時:2019321日(木・祝)13:0017:00

場所:日本大学文理学部 図書館3階オーバルホール

詳細は、こちらのPDF(「歴史教育の未来を拓くⅣ-教科書・授業・入試が携えてすすむ改革-」)を御覧ください。

 

高校の教科書や授業実践、大学入試改革などから歴史教育について考えます。高校、大学の歴史教育にご関心ある方、ぜひご参加ください。なお、当日参加歓迎ですが、レジュメや懇親会準備の都合のため、あらかじめ参加をお決めの方は、下記アドレスに、お名前、ご所属、懇親会参加の有無を明記の上、一報いただけますと幸甚です(途中からご参加の場合はそのこともご明記ください。)

rekishikyoiku20190321@outlook.jp

※@は半角に直して下さい

2019年1月 9日 (水)

平成30年度第3回例会

 

<例会のご案内>

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、本年度第3回の例会を下記の要領にて開催いたします。

ふるってご参加くださいますようご案内申し上げます。

              記

◆第3回例会 

日 時:平成31年1月26日(土)16:00~18:00

会 場:日本大学文理学部3号館 4階3406教室

題 目:「藩屏概念と「藩の特性(仮)」

報告者:工藤 憲一郎(本会会員)

司 会:小川 雄(日本大学助教)

                  以 上

 

 

 

2018年12月22日 (土)

平成30年度受贈資料一覧(史叢99号分)

以下の目録はすべて、平成2941日から平成30331日に受贈されたものです。






2018年10月24日 (水)

平成30年度第2回例会

<例会のご案内>
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  さて、本年度第2回例会を下記要領にて開催いたします。
ふるってご参加くださいますようご案内申し上げます。

          記
◆第2回例会
日 時:平成30年11月24日(土)15:00~17:00
会 場:日本大学文理学部2号館 3階2304教室

題 目:「ランゴバルド諸法における女性の法的処遇」
報告者:鈴木明日見(駒沢大学非常勤講師)
司 会:林亮(日本大学非常勤講師)


                          以 上

2018年9月 4日 (火)

平成30年度第1回例会

<例会のご案内>
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  さて、本年度第1回例会を下記要領にて開催いたします。
ふるってご参加くださいますようご案内申し上げます。

          記
◆第1回例会
日時:平成30年9月29日(土)15:00~
会場:日本大学文理学部3号館 3階3309教室

書評会:山本孝文著『古代韓半島と倭国』
評 者:浜田晋介(日本大学教授) 
司 会:小澤英幸(日本大学文理学部資料館・学芸員)

書評会:浜田晋介著『弥生文化読本』
評 者:山本孝文(日本大学教授) 
司 会:小澤英幸(日本大学文理学部資料館・学芸員)

                      以上

2018年6月 4日 (月)

【訂正】平成30年度日本大学史学会大会

 
 

平成30年度

 

日本大学史学会大会

 

平成30年6月16日(土)

 

日本大学文理学部3号館4階

 

 

《研究報告》

○第1会場(3号館3406教室)

10:00~ 目黒 拓也日本大学大学院文学研究科博士後期課程)
       「古橋廣之進研究の視点―水泳人としての古橋について―
11:00~ 坂本 守央(日本大学史学会会員)
      「日露戦争時の米自給論―第20議会の「産業ニ関スル建議案」をめぐって―
12:40~ 岸本 昌良日本大学非常勤講師
      「平野義太郎の親族―転向研究の死角―
13:40~ 塚田 安芸子(日本大学大学院文学研究科博士後期課程)
      「木戸幸一の終戦における行動原理―軍部との関係の視点から―

 

○第2会場(3号館3409教室)

10:00~ 髙草木 邦人日本大学非常勤講師
      「ルーマニア王国における記憶の政治利用―ルーマニア大博覧会・カロ
       ル1即位40周年記念・トラヤヌス帝ダキア征服1800周年記念の事
       例から―
11:00~ 林  亮(日本大学非常勤講師
      「中世ヨーロッパにおける古代ローマ軍制の継承と受容について」

 

○第3会場(3号館3408教室)

12:30~ ≪小シンポジウム≫「東国とは何か―前近代における地域概念の成立と展開―
     報告者:武廣 亮平(日本大学教授)
          「「アヅマ」と「坂東」―日本古代国家の東国観―」
         関 幸彦(日本大学教授)
          「『関東』の誕生―幕府と呼ばれた武家―
         小川  雄(日本大学助教)
          「徳川権力の東国化―畿内政権与党からの転換―

 

 
 

【公開講演】 15:00~

 

三谷 博(跡見学園女子大学教授・東京大学名誉教授)

 

「維新における「公儀」と暴力 ―双生児としての誕生から訣別まで-

 

会場:3号館3407教室

 

 

※研究報告、公開講演共に参加自由

参加費(資料代含む):100円(会員無料)

 

《総 会》 16:40~ 会場:3号館3407教室 

 

《懇親会》 18:00~ 会場:カフェテリア・コスモス

                    (3号館1階)

※一般4,000円・学生2,000

※京王線「下高井戸」駅、「桜上水」駅より徒歩10分

2018年5月20日 (日)

平成30年度日本大学史学会大会

 
 

平成30年度

 

日本大学史学会大会

 

平成30年6月16日(土)

 

日本大学文理学部3号館5階

 

 

《研究報告》

○第1会場(3号館3406教室)

10:00~ 目黒 拓也日本大学大学院文学研究科博士後期課程)
             「古橋廣之進研究の視点―水泳人としての古橋について―

11:00~ 坂本 守央(日本大学史学会会員)
             「日露戦争時の米自給論―第20議会の「産業ニ関スル建議案」をめぐって―

12:40~ 岸本 昌良日本大学非常勤講師
             「平野義太郎の親族―転向研究の死角― 

13:40~ 塚田 安芸子(日本大学大学院文学研究科博士後期課程)
       「木戸幸一の終戦における行動原理―軍部との関係の視点から―


○第2会場(3号館3409教室)

10:00~ 髙草木 邦人日本大学非常勤講師
       「ルーマニア王国における記憶の政治利用―ルーマニア大博覧会・
         カロル1世即位40周年記念・トラヤヌス帝ダキア征服1800周年記念の
         事例から―
 
11:00~ 林  亮(日本大学非常勤講師

       「中世ヨーロッパにおける古代ローマ軍制の継承と受容について」

 

○第3会場(3号館3408教室)

12:30~ ≪小シンポジウム≫「東国とは何か―前近代における地域概念の成立と展開―
       報告者:武廣 亮平(日本大学教授)
           「「アヅマ」と「坂東」―日本古代国家の東国観―

           関  幸彦(日本大学教授)
            「『関東』の誕生―幕府と呼ばれた武家―
 
           小川  雄(日本大学助教
           「徳川権力の東国化―畿内政権与党からの転換―

 

 
 

【公開講演】 15:00~

 

三谷 博(跡見学園女子大学教授・東京大学名誉教授)

 

「維新における「公儀」と暴力 ―双生児としての誕生から訣別まで-

 

会場:3号館3407教室

 

※研究報告、公開講演共に参加自由

参加費(資料代含む):100円(会員無料)

 

《総 会》 16:40~ 会場:3号館3507教室 

《懇親会》 18:00~ 会場:カフェテリア・コスモス(予定)

                               ※一般4,000円・学生2,000

※京王線「下高井戸」駅、「桜上水」駅より徒歩10分

2018年4月25日 (水)

平成29年度第6回例会

 

<日本大学史学会・例会のご案内>

 

 

 

本年度第6回の例会を下記の要領にて開催いたします。ふるってご参加くださいますようご案内申し上げます。

 

               記

第6回例会

 

日時:平成30年5月12日(土)14:30~17:00

 

会場:日本大学文理学部3号館 2階3201教室

 

 

 

題目:「女方遺跡出土の有孔付土器について(仮)」

 

   報告者:小澤英幸(日本大学文理学部資料館・学芸員)

 

   司 会:浜田晋介(日本大学教授)

 

 

 

題目:「弥生時代の水田単作史観の問題点(仮)」

 

報告者:浜田晋介(日本大学教授)

 

司 会:未定

 

 

 

                                                           以上

 

2018年2月 9日 (金)

日本大学史学会共催シンポジウム

日本大学文理学部人文科学研究所総合研究(研究課題名「近現代の諸地域における「伝統」と「革新」をめぐる諸相」:研究代表者 古川隆久)が主催し、本会と高大連携歴史教育研究会との共催で、シンポジウムを開催します。


「歴史教育の未来を拓く-歴史教育改革の具体像-」

日時:2018321日(水・祝)13:0017:00

場所:日本大学文理学部 図書館3階オーバルホール


詳細は、こちらのPDF(「2018.3.21歴史教育の未来を拓くⅢシンポジウム.pdf」を御覧ください。

なお、当日参加歓迎ですが、レジュメや懇親会の準備の都合のため、あらかじめ参加をお決めの方は、下記アドレスに、お名前、ご所属、懇親会参加の有無を明記の上、一報いただけますと幸甚です(途中からご参加の場合はそのこともご明記ください)。

rekishikyoiku20180321@outlook.jp
@は半角に直して下さい

«平成29年度受贈資料一覧(史叢97号分)

無料ブログはココログ